ローン減税

住宅ローンの金利負担を軽減するため、年末のローン残高の1%を10年間、所得税(一部、翌年の住民税)から控除し、更に下記※1に記載の通り金額を3年間控除する制度です。13年間継続して控除を受けることができるため、大きな減税効果があります。

次世代住宅ポイントが付きます。

次世代住宅ポイント制度とは、一定の省エネ性・耐震性・バリアフリー性能等を満たす住宅や家事負担の軽減に役立つ住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度のことです。

※次世代住宅ポイントの申請期限は2020年3月31日です。同日迄に、売買契約を締結する事が条件となります。
※商品交換申込期間:2020年6月30日 ※詳しくは国土交通省または国税庁のホームページをご覧ください。

すまい給付金が受けられます。

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。
その対象は自らが居住する住宅の取得に際し、給付金が支払われる制度です。新築住宅はもちろん、中古住宅も対象となります。但し、指定の検査を受けるなど、住宅の品質や耐震性等が確認できる事が条件です。

注:現金所得者の収入額(目安)の上限650万円に相当する所得割額は13.30万円の予定です。

※詳しくは国土交通省または国税庁のホームページをご覧ください。
※1…ローン減税について/1~10年目までは年末借入残高の1%(最高年40万円)が所得税(控除しきれない場合は住民税)から控除されます。11~13年目までは次の①②のうちいずれか少ない方の金額が3年間に渡り控除されます。①住宅ローン残高又は住宅の取得対価(上限4,000万円)のうちいずれか少ない方の金額の1%②建物の取得価格(上限4,000万円)の2%÷3。
※本ページの内容についての詳細は係員にお尋ね下さい。